保育士人生、いつかは報われるさ!
by dgtdohoxwf
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
居直り強盗容疑 無職男を再逮..
at 2010-06-18 16:58
<参院選>7月25日が有力に..
at 2010-06-08 01:23
新規2型糖尿病治療薬などの副..
at 2010-05-29 04:21
N700系さくら、800系つ..
at 2010-05-20 18:50
普天間「政府の立場で決定」=..
at 2010-04-27 13:16
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


春、駆け足で 国公立大、2次試験の願書受け付け開始(河北新報)

 国公立大2次試験の願書受け付けが25日、各大学で始まった。受験生は、16、17日に行われた大学入試センター試験の結果を基に受験する大学を選び、出願する。締め切りは2月3日。

 文部科学省の集計によると、出願を受け付けるのは国立82校、公立73校で、募集人員は計約10万人。

 宮城県内では東北大、宮城教育大、宮城大の3校で受け付けを開始した。仙台市青葉区の東北大入試センターでは午前10時前、郵送で願書12通が届いた。職員は学部、前期・後期別に願書を仕分けして開封。書類に記載漏れなどがないか一通一通確認し、受験番号を割り振った。

 センター試験の結果によって門前払いする「二段階選抜」を予定しているのは、東北大の全学部など国立大38校の119学部と、福島県立医科大医学部など公立17校の41学部。

 2次試験は前期日程が2月25日から、後期日程が3月12日以降。一部公立大の中期日程は3月8日以降に行われる。

 新型インフルエンザに感染した受験生の受験機会を確保するため、今年は国公立大の大半が、2次試験の追試験を実施する。


名護市長選 県外移設派、稲嶺氏当選 辺野古案困難に(毎日新聞)
元中京銀行支店長を逮捕=手形割引悪用、特別背任容疑−愛知県警(時事通信)
自民、外国人参政権など地方議会で反対指示へ(産経新聞)
<原口総務相>小沢氏の参考人招致「必要だ」(毎日新聞)
<日清ファルマ>カプセルは「トクホ」認めず 消費者委(毎日新聞)
[PR]
# by dgtdohoxwf | 2010-01-31 09:07

<寛仁さま>退院 宮内庁発表(毎日新聞)

 宮内庁は28日、心臓機能の検査と治療のために国際医療福祉大三田病院心臓病センター(東京都港区)に入院していた寛仁親王殿下(64)が、退院したと発表した。

時効ぎりぎり、7年前の強姦・強盗容疑で逮捕(読売新聞)
早くも花粉飛び始めた! 東京、神奈川すでにシーズン突入(J-CASTニュース)
タクシー運転手、窃盗少年に偽ヴィトン売る(スポーツ報知)
47歳左官の男逮捕=ひき逃げ24キロ引きずり事件−北海道警(時事通信)
成人式妨害した18人、秋田市長に謝罪(読売新聞)
[PR]
# by dgtdohoxwf | 2010-01-29 20:24

インプラント再使用疑惑の歯科、立ち入り検査(読売新聞)

 愛知県豊橋市内の歯科医院が、一度使用した後に抜けるなどして回収したインプラント(人工歯根)を別人に再使用しているとの疑いが出ている問題で、愛知県と豊橋市保健所は26日、医療法に基づいて同市南大清水町の関歯科クリニックを立ち入り検査した。

 同クリニックの院長は入院中で不在のため、事務職員ら4人が検査に立ち会った。約3時間半にわたって、インプラントの再使用についての聞き取りや、カルテなど書類の抜き取り調査を行い、インプラント治療をした患者の氏名などが記載された大学ノート3冊を預かった。今後さらに調査を進める。

 藤岡正信・同市保健所長は「使用済みのインプラントの確認はできなかった。改めて院長から詳しく事情を聞きたい」と話している。

菜の花 満開で一足早い春 神奈川県二宮町の吾妻山公園で(毎日新聞)
<裁判員候補者>聴覚障害者に手話通訳者手配せず 高知地裁(毎日新聞)
全国議長会「参政権で地方の意見聴くべき」(産経新聞)
「妻と長男、長女を殺した」と男が出頭(産経新聞)
宮崎監督提案の公園デザイン展(産経新聞)
[PR]
# by dgtdohoxwf | 2010-01-28 18:52

東金女児殺害、弁護士が独自鑑定「犯行不可能」(読売新聞)

 千葉県東金市で2008年9月、保育園児成田幸満(ゆきまろ)ちゃん(当時5歳)が遺体で見つかった事件で、殺人罪などで起訴された勝木諒(りょう)被告(22)の主任弁護人の副島洋明弁護士が25日、東京都内で記者会見を開き、勝木被告の運動能力や言語コミュニケーション能力に関する独自の鑑定結果を発表した。

 幸満ちゃんを抱えて自宅に連れ帰ったり、捜査員と論理的に会話したりすることは不可能だったとして、鑑定結果を証拠採用するよう千葉地裁に提出しており、公判で無罪を主張する。

 副島弁護士によると、鑑定は、発達障害の専門家など計5人に依頼。昨年10月から今月にかけて、5人がそれぞれ勝木被告と接見し、心理テストなどを行った。その結果、勝木被告には起訴事実に書かれたような行為をする能力がなく、「取り調べの方法が不適切で、供述の任意性、信用性がない」としている。

 副島弁護士は既に、遺留物から採取されたとする指紋について、「勝木被告と一致しない」との鑑定結果が得られたとして、無罪を主張する方針を示している。

<掘り出しニュース>不景気ピョ〜ン!! 信楽高原鉄道、「福カエルキップ」発売(毎日新聞)
地域限定で対策期間=振り込め詐欺で警察庁長官(時事通信)
足利事件再審で再生された録音内容の抜粋1(読売新聞)
<参院代表質問>戦って発言、検察への影響ない 鳩山首相(毎日新聞)
雑記帳 早くも節分にちなんだ「鬼ダイバー」 山口(毎日新聞)
[PR]
# by dgtdohoxwf | 2010-01-27 03:52